リニア中央新幹線の着工遅れ..。

株式投資

みなさん、こんにちわ!

本日も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

昨日は、東京でついにコロナウイルス感染者数が220人以上とついに最高記録を更新しました。

自粛要請解除後、通勤電車などは徐々に混雑の様相を呈してきており、テレワークも一過性*のものとなりつつあります。
*大手企業除く

果たして、日本はこのコロナウィルスとの戦いに勝利することはできるのでしょうか?
世界的にテレワークが主流になりつつあるなか、日本だけ反テレワークを貫き世界から隔離されたガラパゴス化するのでしょうか?

日本の先行きに不安で、不安で……..。

ということで、本日のショートトピックは、リニア中央新幹線の着工遅れ問題についてです。

夢のリニア中央新幹線

リニア中央新幹線が開通すると言われて、何年くらい経ったでしょうか。
20年以上は経過しているような……..。

現在の計画では、リニア新幹線のルートは品川駅から名古屋駅までの予定。

*JR東海より引用

品川駅、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県、名古屋駅というルートだ。
このルートを時速500㎞で走るというもので、品川~名古屋まで約70分で到着。

現行の東海道新幹線の品川~名古屋駅(のぞみ利用)までの乗車時間とそれほど大きく変わるとは思えないが…….(約90分)
まあ、20分短縮されれば、魅力を感じる人もいるだろう。

ただ、総工費が以上に高いのだ。なんと国交省の予算組みとして9兆300億円(東京~大阪まで開通した場合)。天文学的な数字のようにも思えるが、伝説的な長期株の投資家であるウォーレンバフェットはこれに近い数字を株投資で儲けたのだ。

私も負けじと頑張りたい。

では、本日の株を見ていきましょう!

今朝のNYダウ株

2020年7月8日(水)のNYダウは-361.19(-1.39%)で取引終了。

前日の反発からNY株式相場は反落となった。

NYダウ平均は一時500ドル超も下落する局面もみられたが、経済面での大きな売り材料が出たわけではない。

ただ、コロナウィルス感染状況はフロリダ州の死者と入院者数は過去最高となっており、またアメリカ全土の1日の新規感染者数は6万2000人を超えるなど悪化の一途が続いている。

これらの状況から第2波の懸念、さらにコロナウィルス感染拡大による景気悪化などの不安も根強い。

一方で、来週から始まる企業決算の内容を見極めたいという様子見ムードも漂う中、すでに4-6月期決算についての冴えない内容になることは既に織り込んだ株価になっていることもあり、7月以降の決算内容に市場関係者は期待している。

ハイテク株中心のナスダックは再び最高値を更新とコロナウィルスとは無縁のような値動きをしている。むしろ、このコロナ禍をうまく利用して、業績をさらに伸ばしているように思える。

*7月9日 NYダウ平均の3分足チャート。
*NYダウ平均の日足チャート。

一喜一憂相場がまだまだ続く……

日経225の動向

さて、7月9日(木)の日本の相場はどうだったのか。

前日比+90.64 (+0.40%)で終了。

日経平均は3日ぶり反発。

小反発でスタートし、プラス圏でシーソーゲーム的な動きとなっていたが、後場(12時30分~)には上海株の堅調推移を好感して値を上げた。

また、日銀のETF(上場投資信託)買い観測も加わりつつ、上げ幅を200円超に拡大した。

しかし、せっかくの上げ相場もコロナウィルス関連のバッドニュース(東京都220人以上感染拡大)で上げ幅を縮小した。

下のマトリックスは、騰落数を表しているが、なぜか日経平均は反発してるのに値下げ銘柄の方が多いという現象が起こっている。

項目銘柄数%
値上げ59427%
値下げ149669%
変わらず814%
*東証1部の騰落数
*7月9日の日経平均の3分足チャート

個別株

私が注目株として挙げている

アルペン(3028)
*目標株価としては、2,200円。株価が約20%上がると予想。

昨日の終値は+28 (+1.65%)の1,726円。

徐々に値を上げてきている。だが、2,200円までの道のりは遠い。

*7月9日のアルペンの3分足チャート
*アルペンの日足チャート。

来週からは、新しい個別銘柄をおススメしていくので、楽しみにしててください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました