日本はコロナ100人↑ アメリカは雇用統計Good

株式投資

日本はコロナ100人↑ アメリカは雇用統計Good

みなさん、こんにちわ!

本日も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

コロナ禍の中、株で大損し続けた中年の男が再び株式相場という、戦場に参戦することを決め、日々このブログを更新してます。この物語の行末を、温かく見守りください!!

さて、本日のショートトピックは、バナナマンの設楽氏の4億円豪邸が境界線トラブルによりご近所さんとトラブル発生について述べていきます。

バナナマンの設楽氏、近所トラブル

今となっては、超人気売れっ子芸能人の設楽氏。

それに伴い、収入もうなぎ上りなのではないでしょうか??

そんな中、設楽氏がこの大豪邸を落成したのは2017年12月のこと。その費用はなんと、約40坪の土地だけで3億円というから驚きだ……。(約700百万円/坪)

上物を合わせると約4億円という桁違いの大豪邸だ。

その超豪邸に、なぜご近所トラブルが発生しているのか??何があったのだろうか?

なんと、設楽氏の大豪邸が隣の家との境界線からはみ出しているようです。

土地の区画の際は、境界線をはっきりと決め、それぞれの土地を区分けします。
にもかかわらず、設楽邸は境界線をはみ出してしまっている。まあ、これは工事業者のミスなのでしょう。

看板番組も持ち、好感度は抜群に良い、設楽氏だけに穏便に済ませてほしいところです。

個人的には、設楽氏は好きなので!

それにしても、芸能人のお金持ち度合いは桁違いですね!

私も頑張って、坪700万円くらいの土地価格のところに家を建てたいものです。

では、本日の株相場の話としましょうか。

今朝のNYダウ株

2020年7月2日(木)のNYダウは+92.39(+0.36%)で取引終了(25,827.36ドル) 。

7月2日のNYダウ株相場は、6月の雇用統計は市場予想を上回る改善を示し、反発して取引スタート。一時400ドルを超える上げ幅となる場面もあった。

しかし、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が、アメリカ全土の1日あたりの新規感染者数が過去最多(5万人)に達した発表し、一気に上げ幅を縮小、上値の重い展開となった。

その後、トランプ米大統領が第4弾のパンデミック救済策に着手したことを明らかにすると、期待感が下支えとなり引けにかけても上昇を維持した。

一方で、ハイテク株中心のナスダック総合指数は順調に右斜めチャートを継続。53.00ポイント高の10,207.63となり、2日連続で史上最高値を更新。

コロナ禍で、ハイテク株が脚光を浴びている。

また、オンライン保険会社のオンラインレモネード(LMND)は2日NY証券取引所に上場。
上場価格の29ドルを140%近く上回る価格で取引され、好調な滑り出しとなった。

保険と言えば、相対商売が基本のイメージだが、コロナウイルスの行動変容により、オンライン保険が今後主流となっていくのでしょうか??
オンライン保険というのは、穴場銘柄なのかも……。

*NYダウ 7月2日の5分足チャート

日経225の動向

さて、7月2日の日本の相場はどうだったのか。

前日比+24.23 (0.11%)で終了。

日経平均は取引開始直後、反発で始まったものの、売り買いが交錯し、一時的にはマイナス圏に沈むこともあった。

しかし、取引終了間際には、上昇し、+24円で終了となった。

売買代金は2兆2366億7000万円で、2兆円を超える商いとなった。
値上がり銘柄数は753、値下がり銘柄数は1,343、変わらずは73銘柄だった。上げ幅が24円ということもあり、値上がり銘柄より、値下げ銘柄の方が多い結果となった。

昨日は、ザラ場に、東京のコロナウイルス感染者数が100人を超えたとの速報が入り、上値の重い展開となった。今後は、コロナウイルスの感染者数の増減に株相場が左右される展開になっていくだろう。

個別では、NYダウの相場と同様、ハイテク株が人気であった。
ソフトバンクグループ、東京エレクトロン 、任天堂が上昇した。また、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが大幅高となり、日本通信も物色人気。

ガンホーオンラインエンターテインメントの日足チャート

個別株

私が注目株として挙げている

アルペン(3028)
*目標株価としては、2,200円。株価が約20%上がると予想。

昨日の終値は-4 (-0.24%)の1,652円。

*アルペンの日足チャート。商いが急激に増加している。

上図の日足チャートを見ると、急激に商いが増加していることがわかる。
例の信用取引の

空売り

の整理が始まったのか?
それとも次の仕掛けが始まったのか??

今後の株価の動きが楽しみだ。

*ライフネット生命保険(7157)の株価

NYダウに新規上場した”オンラインレモネード”と同じくオンライン保険会社のライフネット生命の日足チャートだ。
コロナ禍で、株価は上昇の一途を辿っている。
以下の図のように、日経平均と比較しても、株価の上昇パワーは歴然だ。

正直、コロナ禍で、ネット生命の株価が上がるとは全く予想できなかった…..。
まだまだ、勉強不足だ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました