6月最終週 – 東京コロナと金運

金運

6月最終週 – 東京コロナ

みなさん、こんにちわ!

今日から、記事は投稿ページにて記載致します。

試行錯誤の末に、この”勝ち株.COM”を立ち上げ、精進する日々です。

今は、せっせと株相場へ”IN”するべく、軍資金を貯める日々でもあります。

とりあえず、40万円位をめどに”IN”するつもりです。

逆に株の勉強をするのには絶好の時間をもらったと前向きに捉え、デモトレードをしてます。

今週の株相場予想

昨日も東京はコロナウイルス感染者が60人となり、感染者の歯止めが利かない状況が続いている。
当面は、コロナウイルスの感染状況と経済への両立へ向け、試練の日々が続くだろう……。

とりあえず、恐怖指数と呼ばれるVIX指数をみてみよう。

*過去10年以上のVIX指数

2009年のリーマンショックの時は、指数が80くらいまで上昇。(上図参照)
その後、指数は徐々に下落し、2013年あたりから安心な領域である20で推移している。

そして、このコロナショックで2020年3月16日に80を越えた。(下図参照)
現在も35前後を推移している。

北半球から南半球へのコロナウイルスの感染が拡大し、収まるところをしらない状況。
果して、再びVIX指数は80を越えるのだろうか??

一方、日本ではコロナウイルスの感染者は減少傾向にあったものの、東京を中心とした首都圏で自粛解除後に再び増加傾向へ。

東京では、コロナウイルスの新規感染者が2020年6月28日(日)に60人となった。

NHKより引用

新宿を中心とした歓楽街でのクラスターが原因で、東京都は解除後、コロナウイルスの感染者の数が上昇の一途を辿っている。

東京は2021年にオリンピックを控えているだけに、このままで本当に大丈夫なのでしょうか。

NHKよ引用

今週のショートトピック

ところで、みなさん、宝くじやロトなどで本当に億のお金が当たると思いますか??
もちろん答えは

YES

ですよね!!

それこそ、宝くじ、ロト、totoなどなどで年間10以上の億万長者が生まれている。
羨ましい限りです。

今日は、そんな超羨ましい宝くじ億万長者の”唱田士始矢氏”の話をしましょう。

貯金ほぼゼロ(4,419円)からのウルトラ成り上がりを実現した唱田氏。彼の人生を紐解いていきましょう。

totoで6億円を当てた男の「大逆転人生論」

この強運の持ち主は、この大逆転の少し前に理不尽な理由で会社をクビになり、最悪な時期であった。
そんな悪の流れを断ち切るため、まず北方位へ旅行に行き、リセットを実行。

その後、金運が上昇する西方位の福岡に飛ぶ。唱田氏は、なんと無職で貯金なし(+独身のアラフォー)。
おまけに中卒らしい。それでも彼は、自らの運気を上げるためだけの努力は毎日怠らなかった。
さらに、宿泊した福岡のビジネスホテルでは2階に泊まり、toto BIGはあえてギリギリの締め切り最終日に買った。運気を上げるために徹底したのだ。

この強運の持ち主の風水論では、以下の3点をチェック。
・男性の運気は下に降りてくるので、ホテルは下層階のほうがいいらしい。
・toto、ジャンボ宝くじなどは最終日に買うほうが当たる傾向が強いようだ。
・これらの細かい運気上昇のための積み重ねが、大きな運気を呼び込む力になる。

そして、彼は6億をゲットした。

After 6億円……

6億ゲットした後、彼はポルシェのカイエンやクロムハーツの指輪などを買い、遊びまくった。
なんと、1年間に約3億円の金を使ったらしい……。

しかし、そこは強運の男。すぐに自らを律し、カジノやの投資で立て直し、トントンまで持っていったようだ。
素晴らしいですね!

現在は開運コンサルタントとして大活躍の唱田氏。

雑誌やテレビなどで「宝くじは当たるのを待つのでなく、当てにいくものだ!!」と豪語する。
自身の高額当せんも決して偶然ではなく、必然という。

唱田氏のアドバイスは以下だ。

渾身のアドバイス

・人間は運気に合わせて生きると楽

方位学に従って行動すると運気が上がる

・不安だ不安だと言うなら、少しは方位を気にするべき

唱田氏の渾身のアドバイスに耳を傾け、私も真摯に受け止めたい。

株で、ビリオネアを目指す私としては、彼の本を読みたいと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました